終わりゆく夏の花

今日(11日)は涼しい一日。
肩の荷がおりたような、ホッとしたような気分。
ベランダで猛暑に耐え、咲き続けていたペチュニアが、
段々小さな花となり、終わりになるよう。
来年の夏も酷暑となるのなら、もうベランダに鉢花は
置かないほうがいいと思っている。クーラーつけっぱなしで、
花の手入れどころじゃなかったから。
日除けになるゴーヤのようなものだけでいいのかもしれない。
だけど、
不思議なのは来夏のことなど考えている自分だ。
これから来る厳寒の冬を耐えられるんだろうか。
そら恐ろしい気がする。








逝った夏

昨日、台風で痛めつけられたゴーヤを片づけました。
1個残った小さなゴーヤ。名残り惜しい。
今朝は気持ちの好い秋風の気配を感じます。



本 『月の満ち欠け』 佐藤正午著



雨しとしと降り

9月1日。早いもので9月です。
久し振りに三軒茶屋へ。写真はキャロットタワーからの展望。
雨が降り出しそうな感じ。実際帰途パラパラ降られました。
ここ三茶から少しの所にS区「もの作り学校」というのがあって、
朝ドラ「半分、青い。」の舞台になっています。
以前買い物(下のスノードーム)に行って、


サービス品のゴーヤの種を貰ってきたことがありました。
大分前から毎年ゴーヤを植えているので、
どの年のゴーヤだったのか・・・
孫が生まれてからで2年前くらいかナ?
下の写真は世田谷線でのスナップ。
私の家の方からだと終点が三軒茶屋駅です。
新車両のようでした。キレイなピンク色。

光線はきれい

もうすぐ秋?
夕べの陽光が綺麗だ。
上の真ん中にあるペラルゴニュームは10年前のブログに
花盛りの写真をUPしているから、もう随分のベランダ育ちだ。
植え替えを繰り返して今年は小さな芽を残して育てた。
来年咲くのが楽しみ。

今年2つ目のゴーヤ。失敗のゴーヤ。
来年は小さな南瓜みたいのを植えてみたい、と思う。
-------
甲子園が終わった。酷暑の夏。
私が高校野球を見だしたのは、当時住んでいた国立の高校が、
都代表で出場。箕島にめちゃ負けしたのが面白くて、それ以来だ。
故郷の高校が初めて出場してPLにめちゃ負け。
桑田・清原の時代のことです。
それ以来2人の去就が気になって、仕方なかった。
今夏、桑田がマウンドで投げ、清原が観戦した。
過ぎ越しの年月を思ってしまう。娘が桑田と同い年です。


台風が続々と来るそうです。今は静かですが、蒸していて、
また暑さが戻るのか。

少し前の雲。3枚ひと続きの雲。












夏8月

朝ドラ「半分、青い。」は空と雲で始まる。
で、私もなんとなしに青い空と白い雲。
昨日夕方の雲です。
今日(15日)は目覚めがよかった。
涼しい風もあってベランダでの水遣りが気持ち好く。
それに昨日11日ぶりにヨガ(教室がお盆休みでした)をしたのが
身体から毒気が抜けたようで良い結果になったのだと思う。
13日に物凄い雷雨。稲光が眼前で炸裂しベランダに落雷した
のかと震えてしまった。近くの駅エスカレターが水浸しになり、
ニュースで映像が流れたりした。
ここのところ血圧が高く(薬は飲んでいない)、上が朝も夜も
150~160までも上がる。嫌な感じがしたが、食事が駄目
だったのだと気がついた。某週刊誌に食べても好い食品にパンの
商品名と会社名がズラッと出ていたので、早速購入して毎食食べて
いたのである。ズッーとパンは食べない主義で買わなかったのだけど、
あれほど列記されると買いたくなる。
スーパーの棚に並んでいるから食べたいのを片端から購入して食べたのです。
つまりアンパンもぶどうぱんもコッペもくるみぱんもたまご蒸しパンも小麦のバケットも。
糖分過多、カロリー過多だったのだと反省。
アイスもついでに食べてました。
甲子園は朝は雨が降っていましたが、今は止んで第2試合が始まるところ。
12日の星陵と済美が見応えがありました。
星陵に独特の投げ方のピッチャーがいて、
もう少し投げてもいいのに、なんて思ってしまいました。


本  『大人のための残酷童話』 倉橋由美子著
 ほかにいろいろ。
私はだらだら書くだけなので、なにが面白くてこんなの書いて
いるのだろうと我ながら思う。変化なし、と1行ですむネ。
下は孫の写メから孫の後ろに写っていた海を切り取ったもの。